注文住宅と電話線

注文住宅と電話線

注文住宅と電話線 以前は住宅に固定電話は必須でしたが、スマートフォンや携帯電話が普及した現在では重要性は下がっています。
そのため注文住宅を建てるときに、固定電話は使わないので電話線は引かない考え方もあるほどです。
しかし建築時に引いておかないと、何かの理由で固定電話が必要になったときに大がかりな工事を必要とします。
固定電話を使うつもりがなくても、配管だけは注文住宅の建築時にしておくべきでしょう。
電話線の配置については、注文住宅なら宅内ネットワークの設計時に話が出ます。
電話だけではなく、テレビやLANなどあらゆるネットワークについての配置を話し合うことになるでしょう。
注文住宅を建てた後の暮らしをイメージしながら、使いやすい場所に配置しておくとスムーズになります。
たとえば電話ならリビングにつけておくと家族全員が出られるようになりますし、主に使用するのが仕事なら書斎につけておくとスムーズに固定電話に出られるようになります。

注文住宅を建てるときの立地を選ぶときのポイント

注文住宅を建てるときの立地を選ぶときのポイント 注文住宅を建てるときは立地も考える必要があります。家は建てた後でも気に入らないところがあれば直すことができますが、土地は引っ越す以外変えようがありません。注文住宅で立地を選ぶときのポイントは、交通の便や日当たり、駅からの距離など全てが理想通りにはいかないので、妥協できないことを決めることです。全て理想通りにはいかなくても、絶対に妥協しなくないものを決めておけば後から後悔することも少なくなります。

また、ハザードマップを確認して危険地域は選ばないようにします。万が一災害が起こったときだけでなく、地盤が弱いと家が傾く可能性もあるからです。家を建てた後で地盤の補強工事をすることは大変です。
周辺環境にも気を配る必要があります。大きな道路の前や人通りが多いと、夜でも騒がしかったり人の目線が気になることがあるからです。長く住み続けることで、騒音などが気になってくることがあります。子供がいる場合は、どの学校に通う可能性があるかも考えます。

新着情報

◎2019/4/26

サイト公開しました

◎2019/3/29

サイト公開しました

「住宅 電話線」
に関連するツイート
Twitter